【脱毛】毛が抜ける仕組みとは?

脱毛といえば、『髭ポロポロ落ちる』などよく聞くと思います。脱毛後に毛が抜けないと「効果が無いんじゃ無いか?」と不安にもなりますよね…

毛が抜けない場合もあるので、しっかり見極める必要があります。
脱毛効果を得るためにも、今回の投稿で毛が抜ける仕組みをしっかり理解しときましょう‼︎

目次

脱毛後に毛が抜ける仕組み

STEP1.脱毛処理は毛周期の成長期の毛がターゲットになります。脱毛処理は表面に出ている毛を剃って行います。※電気シェーバーがおすすめ

STEP2.機械により集約した光エネルギーを毛に伝え、一瞬にして毛の温度を上げる

STEP3.その結果、毛に栄養が届かなくなり毛は老廃物として毛穴から押し出されます。

STEP4.その後に作られる毛は次第に細くなり、定期的に処理を続ける事で再生を抑える

毛が抜ける原因

毛が抜けるのは、脱毛器で照射し毛根にダメージを与え、毛根に栄養がいかなくなり、成長が遅くなり抜けてしまうからです。

毛根に定期的にダメージを与える事で、毛根の成長が遅くなり毛の量も減っていきます。

毛が抜ける期間とは?

施術後、2週間程度で毛が抜けだします。※個人差はあります。毛が落ちるタイミングはさまざまで、お風呂や服が擦れた時などがおおいようです。

男性のお客様から「髭がポロポロ落ちてきた‼︎」というお声を頂きます。

脱毛後に毛が抜けない場合は?

毛が抜けない場合は、これらの事があげられます。

毛が薄い

毛が薄い部位は、他の部位よりも効果を実感ししずらい場合があります。特にお腹・背中は産毛が生えている部位は、脱毛効果が感じにくい傾向があります。

出力が弱い

脱毛器の出力が弱い場合も、効果を実感しにくい事があります。SUBE TAMAはセルフ脱毛なので、出力を自分で調節することが可能なので、火傷には注意しながら出力を調節することができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる